買い物をする前に考えておきたい5つのポイント

自己啓発

こんにちは、showt.bizです。

働き方の変化による残業削減や、妻の金銭感覚の影響もあって、ここ最近で僕の財布のヒモが硬くなりました。

毎月のお小遣いは2万円。

自己投資のために本を買ったり、デスク周りのガジェットを揃えたりしていたらすぐに無くなります。

あ、妻のために補足すると、お小遣いは妻に制限されているのではありまん。元々浪費家の僕を自分自身で制限するためにやっているのです。逆に妻は「お小遣い上げたら?」と気にしてくれます。

気持ちだけありがたくいただいてます。 (^o^)

さて、今日は浪費家から倹約家に変身した僕が、買い物の際に意識していることについてお話しします。

「反応的な行動」から「主体的な行動」への

まず大前提として、衝動買いはNGです。

「この出会いは運命だ!」なんて訳の分からない言い訳はやめて、冷静に自分の心の中にある「感情の一時停止ボタン」を押すことが大切です。

(以前の記事で紹介した、『7つの習慣』の「反応的な行動」から「主体的な行動」に切り替えることを意味しています。)

では、一時停止してどんなことを考えればいいでしょうか?

この時にチェックしたい5つポイントを紹介します。

5つのチェックポイント

・使用期間、頻度を想定する

・実物を確認する

・口コミを確認する

・売却相場を把握する

・今持っているものを減らせるか?

失敗と向き合って、失敗から学ぶ

実際のところ、自分にとって必要かどうかは使ってみないと分かりません。

もし想定とは違って使わなくなってしまったとしても、それは「自分にとって合わないもの」を発掘できたいい経験です。

この失敗は5つのチェックポイントを見直す貴重な材料になります。

大切なのは、この失敗をそのままにしないことです。常にこのチェックポイントを更新しながら、自分の習性を理解する努力を続けていきます。

買い物に限らず、常に仮説と検証を繰り返し、自分自身をアップデートすることが大切だと思います。

以上、showt.bizでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました