ブログを初めて4日目の心境 「継続は力なり」の偉大さ

台風14号が九州に上陸しています。この記事を書き始めた今、外は風がビュービュー吹いています。築55年のかなり年季の入った社宅です。窓がガタガタいって少々怖いです。でもこんなに古い建物でも風雨に耐えながら今でも暮らすことができるってのはすごいなぁと思いますね。

ブログ更新のプレッシャー

さて、週末がやってきました。ブログを初めて4日目です。「毎日記事を更新する!」と決心してはじめましたが、「今日は何を書こうか」とか「こんなネタだと尺が足りねぇよな、面白くないよな」とか通勤中、仕事中も考えたりしています。

このブログは僕が今の仕事を生涯続けていって大丈夫なのか?という自問自答を軸にしています。ヒントやきっかけを得ようと活動するなかで出会った言葉や考え方を、自分の言葉で記事にすることで自分の中で消化したり、他の方のヒントになればいいなという思いでスタートしました。

でも、毎日更新するという自分に課したプレッシャーは思ったより強いですね。たった4日で弱音を吐くのかと画面の向こうから呆れた声が聞こてきそうですが頑張ります。

「継続」がもたらす強み

何年も毎日欠かさず配信し続けているブロガーさんはたくさんいらっしゃるようですが、本当にすごいですね、尊敬します。

ただ、そんなブロガーさん達も最初はみんな初心者だったわけで、何度も苦労や壁にぶち当たっているはずです。どんなときでも、何があってもブレずに「毎日更新する」こというのは、ブログの内容はともかくそれ自体が才能であり、そういった姿勢がその人の言葉に力を与え、人を信用させる、人を動かす原動力になっているんだと思います。

目指すべき人物像

今日は自民党総裁選の告示があり、昼休みにテレビをつけると、出馬した4名が持ち時間20分間の演説を行っていました。なんの気なしに見ていましたが、河野太郎さんの演説には心を打たれました。

演説の内容どうこうではなく、「今後の日本をこうしたい」「それができるのは俺だ」「だから俺に任せてくれ」といった力強い気迫と情熱がひしひしと伝わってきます。思わす演説に引き込まれ、最後は泣いてしまいそうでした。

なぜこんなに魅力的に見えるのか。もちろん演説の技術も相当なものだと思いますが、やはり自分の想いを自分の言葉で発信しているからでしょう。そして今日に至るまで相当な修羅場を乗り越え、我々にの想像を絶するような努力があるのでしょう。

目指すべき人物像はここにあります。

まずはこのブログを毎日更新し続ける。結果が何と結びつくか分かりませんが、兎にも角にもやりつづけていこうと思います。

ーーーーーーー

今日は前もってテーマも見出しの考えずに記事を書きました。

自分の”今”の気持ちを率直に書き起こすことも1つのコンテンツとして有り得るのではないかという仮設のもとトライしてみました。読んで頂く方のことを思うと不親切で魅力のない記事かもしれませんが、何事も挑戦だと思いまして^^

気がつけば外は風が止んで穏やかになっています。今日も1つ記事を書き終えた僕の心情を表しているかのようです。

以上、showt.bizでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました